おひさしぶりです!
御堂筋税理士法人の山根です。

先日、弊社で行われた
経理担当者養成講座にて
講師をさせていただきました。

そのなかで一番盛り上がった
仕入れの支払い業務の管理について
お話させていただきます。

みなさんのお会社では、
仕入れの支払いをするとき、
どのようにチェックしていますか?

チェックレベルを3つに分けて
自社に当てはめて見てください。

レベル1:請求書の中身を見ずに
鑑に書いてある金額をそのまま支払う。

レベル2:仕入れ担当に確認はするが、
担当者の記憶のみでチェック

レベル3:自社の発注記録と
仕入れ先の請求書で、
単価と数量をチェック

どうでしたか?
もちろん、きちんとチェックできているのは、
レベル3ですよね。

ポイントは、
「自社の記録と仕入れ先の記録に
違算がないか見ているか」です!

参加された方の中には、
きちんとチェックされているようでも
請求書と納品書のチェックだけであったり
(どちらも仕入れ先が発行したものです。)
と業務の落とし穴があった方もいらっっしゃいました。

仕入れは、支払いのなかで、
最も大きい金額といっても過言ではありません。

もし、金額が違っていたら、
大きな損失となってしまいます。

ぜひ一度自社の業務を確認
されてみてはいかがでしょうか。


関連記事

Noimage 税務

今度は、関テレだ!

Noimage 税務

人事制度設計の依頼が多くなってきました!

Noimage 税務

人の振り見てわがふり直せ

Noimage 税務

内定者研修

Noimage 税務

日記の効果

Noimage 税務

予算管理

Noimage 税務

営業マンとの営業同行

Noimage 税務

経営計画発表会