人材育成に強い 大阪 税理士法人小笠原事務所の細谷です。

先日、ある会社の人事考課面接の立ち会いをしました。

この会社では昨年人事評価項目の見直しを行い、
今回がそれを使った初めての面接・・・ということ、
そして考課面接にまだまだ慣れていないリーダーが多いとのことで、
私と松本が立ちあうことになったのです。

立ちあう人数はそれぞれ35人前後・・・

2日間をかけて行うのですが、
ちゃんと時間通りに終われるかどうか不安に思いつつ、始まりました。

私の方はまず営業部門。

評価項目はやはり業績メインですので、
内容はハッキリしていて分かりやすく、
どちらかというと、今後の取り組みについてや、
会社に対する要望などについての話がほとんどでした。

その後は品質や製造部門。

やはり職人さんが多く、
口数が少なくて、少し手ごわい感じ・・・。
しかし、話してみると実際はとてもフレンドリーで、
とても優しい方が多かったです。

それにしても自分に厳しい方が多く、自己評価が低い!!
上司の方が「いつもこんなにしてくれてありがとう」という感じです。

評価についてはお互いにすり合わせをして、
しっかりと内容確認をしながら進めたのでよかったのですが、
今後の取り組みについて、プラスαでして欲しいことを伝えると、
自分は苦手だからと、なかなか縦に首を振ってくれず・・・。

時間が限られていることもあり、
お互いの妥協点を見つけるまでが一苦労。

上司の方に伺うと、
今日は私が立ちあっているから、
いつもよりは「うん」と言ってくれる率が高いとのこと。

私自身、以前からこの会社の研修等々で
みなさんと顔を合わせているので、
色々と伝えやすかったこともあり、
上司の口から言いづらいことも
私がズバっと言ってしまったりしていました。

かなり疲れましたが、
中身の濃い2日間となりました。

人事考課面接というと、
社内の人間だけで行うのが普通かと私自身も思っていましたが、
しっかりと事前打ち合わせをしておけば、
社外の人間がいることで
・感情に流されずに面接ができる
・話し合うべき内容から外れにくい
・伝えにくいことを社外の人間の口から言ってもらえる
など、色々と利点があるのだなと思いました。

人材育成に強い 大阪 税理士法人小笠原事務所細谷でした。


関連記事

Noimage 税務

マニュアルづくりのポイント

Noimage 税務

事務所主催セミナー

Noimage 税務

出向先にて

Noimage 税務

いい本に出会いました!

Noimage 税務

本山塾にて

Noimage 税務

目標設定面談9本&経営会議

Noimage 税務

儲けのコックピット

Noimage 税務

NHK講座-決算書・200%活用術-