御堂筋税理士法人の間です。

早速ですが、
今回は、マイナンバー制度についての概要を簡単にまとめさせて
頂きます。

・マイナンバー制度のスケジュール
 
 平成27年10月:通知カードによる個人・法人番号の通知
 平成28年01月:番号の利用開始、申請による個人番号カードの交付

・制度開始時の適用分野

 社会保障、税、災害対策

では、マイナンバー制度が開始することで、企業は何をすべきなのか。
以下、3つのポイントを記載します。

 ①従業員や扶養親族、支払先など各種帳票に記載が
必要となる対象者のマイナンバーを集める。

 ②集めたマイナンバーを保管する。

 ③マイナンバーの記載が必要な帳票にマイナンバーを記入する。

簡単に言えば、上記の3つのことをする必要があります。

その中で、マイナンバーは、特定個人情報として、個々人のプライバシーに
関わる重要な情報であるので、取扱いには、注意が必要です。

そのため、企業は「特定個人情報保護委員会」が発表するガイドラインを入手し、
その内容を理解した上で、対応する必要があるということです。

以上、簡単ですが、マイナンバー制度の概要について、記載させて頂きました。

最後に、今回、私がマイナンバー制度を理解するために熟読し、非常にためになった
本を紹介させて頂きます。

「これだけは知っておきたいマイナンバーの実務」という本です。
この本には、私が記載した概要に加え、実務の観点からの具体的説明も含まれております。
これから、マイナンバー制度を理解しようという方にはおススメですので、お読みになら
れてはいかがでしょうか。

以上、御堂筋税理士法人の間でした。

 


関連記事

Noimage 税務

粗利管理の大切さ

Noimage 税務

ドラッカーの抄訳マネジメント

Noimage 税務

どーやったらうまくいくの??

Noimage 税務

日経新聞PLUS1「スピーチ・・・平気?」

Noimage 税務

企業内人材育成推進助成金

Noimage 税務

不動産所得の損益通算についての注意点!!

Noimage 税務

新入社員研修

Noimage 税務

ジュニア研修