コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木です。

 


震災の影響で仕事面でも支障をきたしていることが

多くなっているようですね。

 

「やることがないですわ」

「ものがなければ仕事になりませんわ」

という嘆きの声も聞こえますが、

本当にそうでしょうか?

 

営業面でいいますと、お客様とじっくりお話をする

絶好の機会ではないでしょうか?

 

日ごろは、多忙な業務中もしくは業務後にじっくりと

お話しをすることが困難でしょうから、もし本当に時間に

空きが生じているのであれば、お客様と関係性を深める

絶好のチャンスではないでしょうか?

 

「この震災が自社の業界に及ぼす今後の影響は?」

「この震災でエンドユーザーの自業界の商品・サービスを見る目が

変化するのか?」

等々のテーマとして会話を深めることによって、お客様との人間関係の

深化と、今後のサービス提供のヒントが見えてくるのではないでしょうか?

 

『変化は常態』です。

ポジティブに考えて時間を有効に使いたいものです。

そのためにも、時間管理が必要?

 

今日は、この辺で・・・・。

 

 


コンサルティングに強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木でした。


関連記事

Noimage 税務

事前準備の大切さ

Noimage 税務

決算報告と事前準備の重要性

税務

収益性分析を確認しよう②ROEとは??

Noimage 税務

ファシリテーションエクササイズ

Noimage 税務

予定作成の重要性について

Noimage 税務

マナーは変化する

Noimage 税務

ラピート運転手さん!ありがとうございました。。

Noimage 税務

赤字決算からのリバイバルプラン