決算分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木です。

 

今日は、卸売業のお客様の営業会議をファシリテートしました。

内容は、営業マン個々人の重点得意先の状況把握と関係性深化

のためのPDCAをしっかりとまわすため、自己報告とメンバーからの

フィードバックを行なうというものです。

 

その発表の中でベテラン営業マンのFさんの発表内容は

とても興味深く質問をさせていただくと、やはりお客様との

会話の洞察が深くそして適切な質問を投げかけている

テクニックに感心しました。

 

Fさん『A社の横浜営業所は当面仕事量が多く忙しそうなので

    そこの担当者さんとコンタクト回数を増やそうと思います』

 

この発言を聞いていた私は二つのことを感じました。

1.  この発言は声のトーンも高くとても自信に充ち溢れていたこと

2.  どのような方法で電話だけの対応で仕事量が多いという情報を

得ることができたのか?という疑問

 

ということで、2.の疑問を質問にしてお聞きすると、

 

Fさん

『実はね、その前にお客様から納期が延びるという連絡がありましてね、

その時に、どうしたんですか?とお聞きすると、お客さんから倉庫がグチャグチャで

管理ミスですわとの回答だったんです。そこで、どないしたんですか?倉庫がグチャグチャ

って?と再びお聞きすると、3月までは物件多いんですわ。○○さんと△△さんの担当の

物件が大きくて手間がかかって・・・・。と担当者の方の名前まで教えて頂きました。』

と嬉しそうにお話をして下さいました。

 

【お客様の状態】            【質問の手順】

仕事量が多い                          そうですか〈承認〉

↓                      ↑

管理レベルオーバー           自動展開    

   ↓                      ↑

倉庫がぐちゃぐちゃ          どうしたのですか?

   ↓                      ↑

納期ズレ・・・              どないしたんですか?

 

というように、質問の言葉としては特段難しい質問ではないのですが

納期がズレたという現象の背景にある原因をしっかりとつかむ

質問をされたFさんは凄いなと本当に感心しました。

 

若手営業マンは是非見習ってほしい教材ですね。

ひとつひとつの会話に集中して成果に結び付ける

ことが営業マンの心得なのでしょうね。

 

 

決算分析に強い 大阪 税理士法人 小笠原事務所 才木でした。


関連記事

Noimage 税務

営業研修、あらたな提案

Noimage 税務

ファシリテーション研修

Noimage 税務

営業管理者向け財務初級研修in札幌

Noimage 税務

ある同業種団体での経営計画のお話し

Noimage 税務

脳のアイドリング!!

Noimage 税務

仕事のルール

Noimage 税務

ビジネスマナー研修

Noimage 税務

業務フローの見直し