御堂筋税理士法人の細谷です。

メンタルヘルス対策の充実・強化等を目的として、
2015年12月から労働安全衛生法(安衛法)が改正され、
従業員数50人以上の全ての中堅・中小の事業場に
ストレスチェックの実施が義務付けられます。

検査した結果は従業者に通知し、
本人の希望に応じて医師が面接することになります。
そして、その結果により、企業は作業転換や労働時間短縮などの措置を
講じなければならないというものです。

厚生労働省が行った調査によると、
仕事に強い悩みやストレスを抱えている労働者の割合は
5~6割程度でずっと推移しているそうです。

過去1年間でメンタルヘルス不調により連続1カ月以上の休業、
または退職をした労働者がいる事業場は、
2013年には全体の10%に上っています。
業種別に見ると、特に多いのが情報通信業(全体の2.0%)で、
電気・ガス・熱供給・水道業(0.7%)、金融・保険業(0.6%)が続きます。

実際に、最近メンタルヘルスに関するお話もよく聞きます。

法規制への対策のみならず、実際の現場対策のためにも
ストレスチェックをして、対応が必要になってきています。

現在、IT各社がメンタルヘルスケア(心の健康管理)で
様々なツール開発をしている中で、
当社のお客様も日立システムズと協業して「疲労・ストレスシステム」を
開発されています。

これからの企業経営には欠かせない問題となってきます。
ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

関連記事

Noimage 税務

意識するための情報を得ることは今をがむしゃらに走るよりとても大切!!

Noimage 税務

目的の共有による気づきについて

Noimage 税務

ドラッカーに学ぶマネジメント講座第5回

Noimage 税務

リフォーム会社向けセミナー企画

Noimage 税務

お墓参りに行ってきました。

Noimage 税務

5月度早朝会

Noimage 税務

会議のオブザーブ

Noimage 税務

検索No.1