御堂筋税理士法人の伊東です。

先日、中野のブログで電子帳簿保存法の改正内容について
ご紹介させていただきましたが、この改正により
クラウドアプリで領収書をスキャナ保存することによって
経費精算を完結することができ大幅に時間短縮できる可能性が高まりました!

クラウドアプリ経費精算の特徴は3つあり

①アプリで領収書をスキャナ保存
スマートフォンで撮影した画像を要件を満たす解像度・階調で保存します。

②写真を撮るだけで金額、摘要をデータ化
領収証を受領後、写真を撮るだけで金額などの領収証内容を自動でデータ化します。

③タイムスタンプ自動付与
アップロードした時点でタイムスタンプを付与します。受領後3日以内の期限も問題ありません。

詳細については下記の動画を見ていただけると流れがわかるかと思います。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=O7wb7a2j4UQ

お試しで使用されてみたい方は弊社にデモもございますので
お申し付けくださいませ。

御堂筋税理士法人の伊東でした


関連記事

Noimage 税務

経営計画の発表会に参加しました。

Noimage 税務

リーダーシップのある企業

Noimage 税務

言葉のちから

Noimage 税務

人材開発制度構築ゼミナール

Noimage 税務

ひょうたんやま南整骨院

Noimage 税務

仕事納め

Noimage 税務

今年一年を漢字で表す

Noimage 税務

営業マン向け財務研修in広島1日目